カーリースの申し込みから納車までの具体的な流れについて解説!

公開日:2022/10/15


月額低額で車を利用できるカーリースは手軽にオンラインで申し込みができるため、車を買うよりも簡単に車のある生活を実現できます。一般的に新車購入から納車まで1~3ヶ月程度かかりますが、カーリースではどの程度の期間が必要なのでしょうか。ここでは、納車までの期間や具体的な納車までの流れ、利用の際の注意事項についてご紹介します。

カーリースの納車までに必要な期間

納車にかかる時間は購入の場合でも、カーリースでも1~3ヶ月かかるのが一般的です。リース会社は、契約者の希望する新車を契約後に発注するからです。車が必要な予定があり、納期が心配な場合には、契約前に納車予定を確認しておくことをおすすめします。時間を要する理由について、見ていきましょう。

仕入れが必要

通常、カーリースでは申し込み完了後に仕入れを行います。とくに車種が自由に選択できる場合、契約者の注文通りの車を仕入れます。メーカーに発注して仕入れるため、人気の車種の場合はさらに期間が必要となります。

審査が必要

カーリースの申込には車庫証明の取得や審査などの手続きが必要です。車庫証明の取得には3~4日、遅い場合には1週間かかることもあります。またカーリースでは、通常のローン審査と同じく年収や信用情報などの内容をもとに、審査が行われます。それ以外にも名義変更やナンバープレート取得、納車前点検も必須になるため、車が欲しいと思った当日に車を手に入れることは、基本的には難しくなります。

カーリースの申し込みから納車までの具体的な流れ

リースした車が納車され、使えるようになるまでにいくつかの工程が必要です。申し込めばすぐに準備されるわけではありません。申し込みから納車までの流れを見ていきましょう。

乗りたい車を探す

メーカーのホームページやカタログなどを参考にして、自分がリースしたい車種を決めます。使用目的や家族構成、将来的なプランなどさまざまな条件を考慮に入れて選びましょう。車種が同じであっても、車の大きさやドアのタイプなどが異なるので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

リース会社とプランの決定

自分が決めた車を取り扱っているリース会社をいくつかピックアップします。それぞれの会社でいくつかプランが準備されていますので、予算と自分が必要とするメンテナンスに合ったプランを選びましょう。プランは大きく2つに分けられ、メンテンナンス込みか、無しのいずれかになります。メンテンナンス込みの場合には、法定点検や車検にかかる費用、消耗品の交換などが含まれます。

見積もりを取る

プランなどがある程度決まった段階で、複数の会社から見積もりをとりましょう。各社のホームページでは、オンラインで料金のシミュレーションが簡単にできるので、予算と見合っているかなど確認も必要です。

審査

リース契約を結ぶ前に必要なのが審査です。契約者がリース代金を契約終了時まで支払うことができるか判断するために行います。

駐車場の確保

自宅に駐車場がある場合には問題ないですが、なければ近くに駐車場を借りる必要があります。駐車場が見つかったら、警察署で車庫証明の取得手続きを行います。手数料を払えば、リース会社が代行してくれることが多いので、時間がないときには利用を検討しましょう。

契約手続き

審査が無事通れば、契約手続きに移ります。契約書の内容をしっかりと確認し、不明な点がある場合には契約前に必ず確認しましょう。

納車

リース車の登録が完了すれば、納車の準備も完了です。納車日を決めて、納車となります。

カーリースを利用する際に注意するべきポイント

マイカーと同じように利用できるカーリースですが、申し込み前に確認しておくべきいくつかのルールがあります。

返却の義務

契約期間満了後には、リースした車を返却しなければいけません。車の所有にこだわる人や、長期間マイカーとして乗り続けたい人には向いていません。

走行距離制限

契約時に、月間の走行距離制限を設定します。会社やプランによって距離は異なりますので、必ず確認しましょう。走行距離制限をオーバーした場合には、超過料金が発生します。

途中解約できない

基本的に、リース期間中の解約や契約内容の変更はできません。もし契約内容を変更する場合には、残された期間分の料金を一括精算する必要があります。

追加精算の発生

リースしている車が事故などで損傷したり、内部が著しく汚れたままになっていたりすると、修復に必要な費用を追加請求されることがあります。

カスタマイズできない

あくまでも借りものなので、カスタマイズは禁止されています。とくに、違法な改造を行った場合には、強制的に契約を解除され、違約金を請求されることもあるので注意が必要です。

まとめ

お得に新車に乗れるカーリースというサービスですが、利用時にはいくつか注意すべき点があります。注意点をしっかりと理解したうえで、事前にしっかりと計画を立てて利用することをおすすめします。初期費用なしで新車を利用できるだけでなく、メンテナンスプランに加入すれば維持費もかかりません。利用したいけど不安がある場合には、リース会社に相談してみてはいかがでしょうか。

【沖縄県】おすすめのカーリース業者ランキングTOP5

イメージ12345
会社名大橋自動車販売車検のコバック西自動車商会豊橋自動車次郎工業
特徴創業40年の実績と確かな技術創業61周年の東日産会社が運営。3年連続新車リース販売日本一!頭金0円、月々コミコミ払いで新車に乗れる!親切、丁寧、真心を大切にした新車販売専門アドバイザースタッフが対応車の購入も、車検も、買取査定も。車のことなら何から何までお任せできる
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧