カーリースの審査に落ちてしまう人の特徴について解説!

公開日:2022/02/01

カーリースは借金ではありませんが、毎月決まった料金を納めて車を借りる行為である以上、必ず審査があります。「どういうわけか、審査に落ちてしまった!」「理由を聞いても教えてもらえない」このような状況に陥ってしまうのは、どんな人でしょうか?この記事では、カーリースの審査に落ちてしまう人の特徴について、解説をしていきます。

カーリースの具体的な審査内容

そもそも、カーリースの審査では何を見ているのでしょうか?ここでは、カーリースの具体的な審査内容について、まとめています。

支払い能力があるかどうか判断

カーリースの審査で見られるのは、「支払い能力があるかどうか?」といった点です。毎月のリース料金を支払うのに差し支えのない収入があるか?他社で借入をしたり、分割払い等における遅延・延滞などがあったりしないか?クレジットカードを持っているなら、利用状況はどうなっているか?などを信用情報機関のデータなどを参照したうえで、確認しています。

どんな内容を申告するのか?

カーリースの審査を受ける際は、年齢・年収・債務履歴・住居・属性の5つの情報を申告します。とくに、住居に関しては賃貸か持ち家か?年収に関しては、支出の割合はどの程度なのか?などを見られます。また、学生や専業主婦、フリーターなどがカーリースの審査を受ける際は、親権者や配偶者など安定収入のある連帯保証人を立てる必要があります。

オートローンとは何が違うの?

オートローンとは、車を購入する際に「代金の分割払い」として組むローンです。これに対し、カーリースは3年~7年などあらかじめ期間を区切って車を借りる「期間限定の賃貸」ともいえる契約となります。そして、オートローンでは車の所有権は買主にありますが、カーリースではリース会社から車を借りているだけなので、あくまで所有権は業者にあるのです。

カーリースの審査に落ちてしまう人の特徴

ここからはいよいよ、本題であるカーリースの審査に落ちてしまう人の特徴についてご紹介します。どのような人が、カーリースの審査に落ちてしまうのでしょうか?

債務履歴に傷のある人

ここでいう債務履歴とは、何らかのローンまたはクレジットカードの返済履歴などを指します。当然ですが、遅延や延滞の記録が多いなど何らかの金融事故を起こしていたり、自己破産をしていたりする場合は、債務履歴に傷が付いているので審査に落ちる可能性が高くなるでしょう。見落としがちですが携帯端末の分割払いもローンに該当するため、注意が必要です。

他社での借入がある人

消費者金融や銀行のカードローンにおける借金はもちろん、携帯料金や住宅ローンなど他社での借入がある人も、審査に落ちてしまう可能性が高いです。理由は単純で、多重債務者と同じように「支払い能力に問題があるのではないか?」と疑われてしまうからです。

勤続年数の短い人など

いくら収入が安定していても、勤続年数が極端に短い人は審査に落ちてしまう可能性が高いです。「転職してしまうのではないか?」と、不安視されるからです。また、逆に勤続年数が長くても年収200万円未満の方などは、支払い能力がないと判断されてしまうことがあります。その他、未成年なら年齢を理由に断られる場合もあるのです。

カーリースの審査に通りやすくする対策

カーリースの審査に落ちてしまう人の特徴が分かってきたところで、今度は「カーリースの審査に通りやすくする対策」についてご紹介します。

契約したい車種をグレードダウン

同じ車種でも、グレードによって車両価格が大きく変動します。たとえば、最上位のグレードなら180万5,000円ですがベーシックタイプなら128万3,000円と、約60万円もの価格差がある車種もあります。よって、どうしても契約したい車種があった場合、思い切ってグレードを下げるのも審査に通りやすくする有効な手段といえるでしょう。

頭金を支払い、金額を下げておく

頭金の支払いができるかどうか?というのは、リース会社によって変動します。しかし、最初に大きな額を払っておけば、リース料金の残額を小さくすることが可能です。よって、審査時の金額を下げたいなら、頭金を支払うことも検討しましょう。ただし、契約時に大金が必要になるため、負担が大きくなることを念頭に置いておきましょう。

「ファミリーカー」の形で申し込む

ファミリーカーとは、家族で利用する車のことです。つまり、実際に運転するのは自分だったとしても、家族のなかで最も安定した収入のある人の名義で申し込むことになります。ただし、リース会社によっては「車を運転する人と契約する人が、同一人物でないといけない」と定めている場合もあるので、審査を申し込む前に確認しましょう。

 

カーリースの審査に落ちてしまう人の特徴について、カーリースの具体的な審査内容や、カーリースの審査に通りやすくする対策などを解説してきました。この他にも、信用情報機関へ自分の信用情報を開示請求することで、気づかなかった返済の遅れや滞納などを把握できるので、「もしかしたらこれが審査に落ちた原因かもしれない」とある程度推測を立てることができます。しっかり対策を立てて、カーリースの審査に臨みましょう。

【沖縄県】おすすめのカーリース業者ランキングTOP5

イメージ12345
会社名大橋自動車販売車検のコバック西自動車商会豊橋自動車次郎工業
特徴創業40年の実績と確かな技術創業61周年の東日産会社が運営。3年連続新車リース販売日本一!頭金0円、月々コミコミ払いで新車に乗れる!親切、丁寧、真心を大切にした新車販売専門アドバイザースタッフが対応車の購入も、車検も、買取査定も。車のことなら何から何までお任せできる
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧