カーリースの大まかな審査時間とは?短縮方法も確認しよう!

公開日:2022/01/15

カーリースを申し込む際は審査が必要です。通常、新車購入の場合は納車までに1か月以上かかるものですが、カーリースを利用した場合はもっと短い時間で納車できるケースがほとんどでしょう。今回はカーリースの大まかな審査時間と短縮方法についてまとめます。納車まで時間を取れない方は必見の内容となっていますのでぜひ読んでみて下さい。

カーリースの大まかな審査時間

カーリースの納車が短いとはいえ、だいたいどのくらいかかるのでしょうか。

審査時間は2日~7日程度

カーリースの審査はおよそ2日から1週間程度と言われています。ただし、必要書類の不備や記入漏れがあるとさらに時間がかかってしまうので注意しましょう。

またローンの審査に「仮審査」と「本審査」がある場合は、多少時間がかかることがありますが、大抵の会社は「本審査」のみというケースがほとんどです。中には、オンラインで即日審査というリース会社もあるので、よく調べてみることをおすすめします。

ウェブからの申し込みは窓口より早い

ウェブで事前申し込みができる場合は通常窓口より早く手続きが可能となります。窓口まで行く時間をわざわざ取らなくても自宅で簡単に見積もりを行えるため、忙しい社会人も安心して申し込むことができますね。

中には最短5分と謳っている会社もあるので、納車まで時間がないという方はオンラインでの申し込みを検討すると良いでしょう。

定休日をはさむと時間がかかる場合も

カーリース会社の定休日や長期休業がはさまるとその分の期間、納車までに時間がかかるケースがあります。可能であれば、休業日を避けて確実に営業している期間を選ぶのも手ですが、焦って決めないことが大切です。

どうしても早く納車したいという場合はコンシェルジュに相談してみましょう。早めのプランを用意している場合もあります。

カーリースの審査の流れ

次に審査の流れを確認していきましょう。

車とプランを選ぶ

まずは希望の車種やプランを選びましょう。カラーや車種、オプション、月々の料金などを選択します。どのくらいのグレードなら毎月支払えるか、何年支払う計画にするかを検討します。あらゆる種類のプランが用意されているので、お気に入りの車をじっくり選びましょう。

リース審査申し込み

審査には、氏名や生年月日、住所、連絡先の他に年収や職業、クレジットカードの負債が無いか等の情報が必要になります。審査基準は会社によって異なりますが、一般的なローンの審査とほぼ変わらないと言われています。支払い能力の有無や収入とのバランスを審査されます。

コンシェルジュからの連絡

審査後はメールや電話で連絡が来ます。審査に通過すればその後の契約に移ることができます。残念ながら審査落ちすることも稀にあるようですが、そのような場合はグレードを落とす・値段の安い車に変更するなど希望を変えながら再度審査に挑んでみましょう。

契約

車種やプランの最終確認をします。契約期間や故障した時の連絡方法、万が一事故に遭った時の対応など、あらゆる事項を確認します。契約書を細かいところまで見て、後で「こんなはずじゃなかった」とならないように注意しましょう。分からないことはスタッフにきき、確認漏れがないようにして下さい。

納車

いよいよ納車です。希望の車を迎えてカーライフを楽しみましょう。新車購入の場合は最低1か月かかる納車も、カーリースは即納車が可能なので、短期間で受け入れることができます。会社によってさまざまなサービスがあるので、納車について不安がある際はコンシェルジュに相談すると良いでしょう。

カーリースの審査時間を短縮する方法

カーリースの審査時間を短縮する方法はあるのでしょうか。

オンラインで事前審査できる会社を選ぶ

最近ではウェブで事前に見積もりを出して納車までの流れを短縮できる会社も増えています。自分のパソコンやスマホから必要事項を入力して送信するだけの簡単操作なので、10分もあれば申請できます。これならわざわざ窓口へ出向くこともなく、時間を気にせずに申し込みが完了するでしょう。

必要書類をしっかり用意する

カーリースには契約する際に必要な書類がいくつかあります。自動車免許や契約書の他に、住民票の写しや書庫証明、印鑑証明などを用意しなければなりません。これらの書類は事前に役所や警察署に行って証明書を発行する必要があるため、用意できるものはあらかじめ確認しておくと良いでしょう。特に役所で発行するものは、窓口の受付時間が限られているので注意して下さい。

審査の流れを理解しておく

カーリースは納車が完了するまでにいくつかの手順が決められています。車種を決めるところから契約までに、どのような流れで進めていくかを知っていれば、遠回りすることなくスムーズに話を進められます。調べられるところはあらかじめ各自で調べて、内容を理解しておくと良いですね。

 

カーリースは納車までにさまざまな契約が必要になります。「急いで納車したい」という人はあらかじめ審査までの流れを理解して、必要書類を用意しておくと納車までの時間を短縮できるでしょう。また、ウェブで申込みが可能な会社を選ぶのも手段の一つです。準備を早めに行ってスムーズに納車できると良いですね。

【沖縄県】おすすめのカーリース業者ランキングTOP5

イメージ12345
会社名大橋自動車販売車検のコバック西自動車商会豊橋自動車次郎工業
特徴創業40年の実績と確かな技術創業61周年の東日産会社が運営。3年連続新車リース販売日本一!頭金0円、月々コミコミ払いで新車に乗れる!親切、丁寧、真心を大切にした新車販売専門アドバイザースタッフが対応車の購入も、車検も、買取査定も。車のことなら何から何までお任せできる
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧